愛媛県立弓削高等学校編

今日は、弓削島へ!

お世話になった弓削高等学校は、昨年に引き続き、2回目となります。

個人的にも、いろんな理由があり、ものすごく親近感のある学校です。 

瀬戸内海にある弓削島は、とても穏やかでゆったりした時間が流れていました。


さて、今回は2時間いただき、主権者教育の講演会を実施。

前半は、消費者教育の観点から「18歳成人」をテーマとした内容を、後半は政治教育の観点から「シティズンシップ教育」をテーマとした内容を実施しました。

1日に2つのワークショップは、あまり経験がないのですが、やはり後半は生徒も少しお疲れのようで… 提供の仕方を少し工夫しなければいけないと、反省をしました。。。


一方で、先生方にかなり積極的に授業に参加していただいたこともあり、かなり盛り上がったワークショップを行うことができました!

先生方も生徒と一緒に学び合うという形は、見ていてとても爽快でした! 

こういう形がもっといろいろなところで増えることは、より生徒のモチベーションの向上につながるということを改めて学ばせていただきました。

ご協力いただいた愛媛県立弓削高等学校の皆さん、準備してくださった先生方、本当にありがとうございました!


▼学校ホームページに紹介していただきました!▼ 

civic PROJECTでは、『社会と自分との関わりから、シティズンシップ(主権者意識)を涵養する』ため、「政治教育」や「有権者教育」「消費者教育」など〇〇教育をテーマに、出張講座を全国で行っています!

「政治」や「選挙」についてのテーマについては、総務省の制度を活用していただくことも可能です!

ぜひご連絡をお待ちしています(^^♪


授業評価について


【評価について(4段階評価)】6名の先生にご評価をいただきました。

満足度:本日のプログラムは満足いただけましたか?

内容度:内容はわかりやすく、興味の持てるものでしたか? 

深化度:本日のプログラムは、参加者や自分の考えを深めることができる内容でしたか?

発展度:これからのよのなか(社会)を考える上で、役に立つ内容であったと思いますか?


○ 政治を身近なものとして捉えることができた。

○ 主権者「意識」を「育む」というものを肌で感じられるものであった。

○ 例が具体的でよかった。

○ とてもわかりやすかった。

○ 内容が主権者教育を多角的な方向から分かりやすく解説されていたので。

○ わかりやすく充実した時間だった。

○ ゲームなどを取り入れており、考えやすく、主体的に取り組める内容だったから。


【生徒からの感想】

1年生
・ 知らないことばかりだったのでとても勉強になりました。大人になるのがどういうことなのか、改めて考えながら 生活したいです。
・ 楽しく、政治について学べました。
・ とても良い講座でした。ありがとうございました。 

2年生
・ 楽しかったです。
・ すごくためになりました。
・ 政治のことについてもっと知りたいと思った。

私は今日の講演を受けてモノの考え方や人との関わり方を変えようと思いました。人にはそれぞれ価値観があるので、自分とはちがう価値観を認められるようにしていきたいと思いました。
私は今まで大人になることについてあまり深く考えたことがなかったので、今回の講演を受けてよかったなと思いました。大人になるということがいまだによくわからないけれど、全ての責任が自分にくるだとか、生活的にも経済的にも精神的にも自立していくのが大人だとか、言葉で言われてもよくわからなかったけど、○×の質問だとか皆と話し合う時間だとか、先生と比べる時間などなど、どんなにむずかしいことでも、わかりやすく教えてくださり、理解が深まりました。
まだまだ子供の私ですが、知らないことを知ったり、やったことのないことをやったり、様々なことを経験したいなと思いました。


3年生
・ 将来につながるたくさんの事を教えていただき、とても良い時間になりました。ありがとうございました。

今回の主権者教育では、選挙についてではなく、18歳成人やシティズンシップ(主権者意識)等、今まで主題として誰かに教わったようなことがないようなお話だったので、学び得たものがとても多くありました。
今回の講演を通して自分が一番感じたことは、自分の知識がまだまだ不足しているなということです。私はもう18歳なので、仮に今が2022年であれば、もう政治しているということになるけれど、「リボ払い」とかも言葉を知っているだけで説明できるほどでは無かったし、18歳成人になったら、クレジットカードを作って使用できたり、ローンを組んで買い物することもできたり、結婚できたりとできることの幅も広がる一方で、その責任を自分で負わなければならないので、怖いなと思いました。
また後半では政治の話をしていただきましたが、様々な活動を通して、皆の意見が一致することはないということを身をもって体感できたし、そんな中でもみんなで一つの意見を導かなければならないとき、その方法は多数決だけでなくて、他にもたくさんあるということを知りました。18歳成人についても政治に関しても、情報を知るということがたいせつになると思うので、様々な情報を自ら知ったり、考えたりして、色んな視点や考え方を知るべきだと思いました。


civic PROJECT - シティズンシップ(主権者意識)を涵養する学びの旅