愛媛県立津島高等学校編

愛媛県立津島高等学校で、出張講座を行いました!

毎年この時期に講演を行わせていただいていて、今回が3年目。

今年は例年の選挙に寄せた授業よりも、より政治を身近に感じられるワークショップを実施しました!

毎年津島高等学校の授業は、宇和島市選挙管理委員会のご協力をいただきながら模擬投票とセットで行います。

今回のテーマは、初めて住民投票という形で投票を実施。

政治は「選ぶ」だけでなく、自ら行動を起こすことで社会をよりよくできるものだということを、僕自身も改めて学ばせていただいた貴重な時間となりました。


ご協力いただいた津島高等学校の皆さん、準備してくださった先生方と宇和島市選挙管理委員会の皆様、本当にありがとうございました!


また、講演の様子は学校のホームページでも紹介していただきました!ぜひご覧ください(^^)



授業評価について

【評価について(4段階評価)】

満足度:本日のプログラムは満足いただけましたか?

内容度:内容はわかりやすく、興味の持てるものでしたか?

深化度:本日のプログラムは、参加者や自分の考えを深めることができる内容でしたか?

発展度:これからのよのなか(社会)を考える上で、役に立つ内容であったと思いますか?


● 講師の先生が早口で聞き取りにくかったです。内容はよかったと思いますが、時間的には多すぎだと思いました。

● 少し早口だったので、うちの生徒がついていけたかどうか気になりましたが、ゲームも含めて話し合えていたのでよかったです。ありがとうございました。

● 生徒がしっかりと考えることができる内容でした。

● 中には抽象的な表現が多く、より具体的で身近だとよいのでは。(やむをえない部分もあるが)

● やや早口だったかな?大量のプレゼンなどを時間内におさめるから、やむを得ないかもですが。熱気球はとてもよかったと思う。ありがとうございました。

● 生徒にとって分かりやすい内容であった。

● 生徒が主体的に活動し、議論の内容を深めていたから。

● グループワーク的活動が中心で、生徒達が積極的に取り組んでいた。ただ、内容が難しいところもあった。

● 自らの問題として捉えることができる具体的な内容が盛りだくさんで勉強になりました。

● 生徒が楽しんで取り組むことができ、分かりやすい内容であったから。

● 住民投票と選挙の違いを提示できた。


【生徒からの感想】

・ 住民投票について分かりました。(1年生)

・ 主権者意識において大切なのはLOVE(3年生)

civic PROJECT - シティズンシップ(主権者意識)を涵養する学びの旅